下取りでも詳細なチェックを行ってもらいトラブルを防ぐ

車を下取りに出す場合は通常新しい車の購入が決まっているという状態ですので、気持ちの方は新しい車が早く来ることが楽しみでしょうがないといった気分だと思います。

せっかく新しい車が手元に届くことを楽しみにしているのですから、車の売買によってトラブルが発生して楽しみな気持ちに水が差されるようなことがあるのは避けたいところです。

下取りで車を売る場合は中古車買取専門業者に車の買取をしてもらう場合と違って、トラブルそのもののリスクはかなり小さいと考えていいと思います。

下取りでトラブルが無かったとしても車を購入する側でトラブルが起こる可能性もゼロではなく、車の購入が決まって下取りが決まった後にトラブルになってしまうと、せっかくの新車購入なのに非常に困ってしまう事態になりかねません。

また、下取りであっても、売った車に事故歴や修復歴が見つかって後から減額請求されると言うトラブルもあったりします。

中古車買取専門業者の買取と違って、新車ディーラーや中古車販売店ではそこまで細かいところまで査定をしないことも多いので、こうしたトラブルも少なくないようです。

特に中古車販売店から新しい車を買って今の車を下取りに出す場合にこうしたトラブルが起こり易い傾向があるといわれています。

しかし、こうしたトラブルは車を下取りに出した側ではなく、査定時に見抜くことができなかった販売店に過失があるので、減額請求があっても応じる必要は一切ありません。

こうしたトラブルを未然に防ぐためには下取り査定でも詳細なチェックを行ってもらい、業者側にも納得してもらって下取りに出すことが大事になります。

必要な場合は、契約書の末尾などに「契約後の査定額の変更は行わない」という趣旨の一文を付け加えるのもいいかもしれません。

このページの先頭へ