下取りの直前にわざわざ車検を通すのは得策ではない

今乗っている車の車検が近くなったのを機会に新しい車に乗り換えようかと考える人が結構多いようです。

国内で車検を通すには大体10万円程度の費用がかかることから、10万円を払う前に車を手放してその10万円を新しい車の購入資金に充てた方がいいという考え方だと思いますが、まあ理にかなった方法であるとは言えると思います。

さて、車検を機会に車を買い替える場合、買取りよりも下取りの方が何かと安心だという話がありますが、それはどういう理由からなのか調べてみました。

まず中古車買取専門業者に車を売る場合はなぜ不安が残るのかということですが、

中古車買取業者の場合、業者の都合や時期的な関係から新しい車の購入のタイミングで車を売ることができない場合があるということです。

買取りが遅れれば一時的に車を二台保有してしまう可能性がありますし、逆に遅くなるとその間に車検が切れてしまって公道を運転できなくなり、有料で搬送してもらう必要性が出てきますが、この費用に関してもトラブルに繋がる可能性がないとは言えません。

一方、下取りの場合はを新車と引き換えで下取りに出すのですから、新しい車の納車とピッタリのタイミングで車を手放すことが出来ます。

買取業者の場合のように一時的とはいえ2台の車を所有することになる心配もありませんし、仮に新しい車の納車日が遅れても代車を借りるという方法で車検が切れてしまうことを防止することが出来ます。

このようにタイミングのズレによるリスクを無くすることが出来るのが下取りのメリットだというわけです。

ちなみに、下取りでも買取りでも、車検の残期間が残っている方が査定額は有利になりますが、かといってもうすぐ車検が切れるからという理由で売却前にわざわざ車検を通すのは得策ではないということも知っておいた方がいいと思います。

車検費用というのは業者価格で行う業者にとってはたいした金額にならず、それだけに査定額の方も思ったほどの(10万円とかの)減額にはならないものです。

いずれにしても、車検が切れる前に新しい車を購入して下取りに出す方が金銭的にはお得になるのでタイミングに気を付けましょう。

このページの先頭へ