下取りの最大のデメリットは相見積もりができないこと

下取りで車を売る場合のデメリットの中に相見積もりができないということがあります。

最近は中古車売買に限らず、一括査定サイトや一括見積もりサイトというのが多く開設されています。

これらのサイトの目的は言ってみれば相見積もりであり、この相見積もりというのは複数の業者から査定や見積もりをしてもらって、それぞれの内容から業者を選定していくというものです。

車の場合は査定する側よりも査定される側の方が自動車に対しての知識が圧倒的に少ない場合が多いため、不当な査定額や見積もり金額を提示されないように予防する意味もあります。

相見積もりをすることで、金額のことで後から後悔することや損をする可能性を大幅に減らすことができるというメリットがありますが、下取りとして車を出す場合は車を出すところが決まってしまっているため、相見積もりができません。

もちろん、下取りの査定額を提示してもらった後に中古車買取専門業者に買取依頼を検討することはできますが、下取りとして車を買取る販売店は車を販売する収入があるので、そこまで下取りによる買取に力を入れていないことが多いでしょう。

また、新車ディーラーというのは系列店の間で下取り査定額に差が出ないようなシステムになっているいため、他の店舗に査定してもらっても結果はほとんど同じことになるでしょう。

相見積もりという考え方が一般的になっている中で、相見積もりができないことは残念ですが、下取りとして出す場合は査定額以上のメリットもたくさんあるので、下取り査定額だけにこだわりを持つのではなく、総合的に考えて決めていけばいいでしょう。

このページの先頭へ