下取りは全体の損得が分かりにくい場合がある

新車を購入する場合に乗っている車を下取りに出すメリットの中に、新しい車の購入費用を減らすことができるというメリットがあります。

100万円の車を購入する場合で考えると、乗っている車の下取りが30万円の場合は70万円で新車が購入できるということになります。

これだけ見ると簡単に計算ができるような気がするものの、実際の下取りというのはそこまで単純な話しではありません。

上記の例で言うと、他の買取業者が40万円で買取してくれると言っているなら40万円で他の業者に売って、その40万円を新車の購入費用に充てると60万円で車が購入できることになります。

新車に対しての付加価値が無いことに加えて、消費税などの計算が必要になってくるため、10万円の利益があったとしても細かい計算をするとそれ以上に下取りで出すメリットがある場合もあります。

これが、下取りの損得が分かりにくいというデメリット部分ですが、下取りとして出すと高く買取してもらえないので損をするという話しが多いのも確かです。

細かく計算して見れば必ずしも下取りの方が損をしているとは限らない場合があるので、査定額だけですべてを考えるのもよくないかもしれません。

また、下取りと中古車買取専門業者がする査定では査定内容も大きく異なってくるので、まずは下取りの査定額を提示してもらって、それから中古車買取専門業者に査定してもらって、それぞれの査定額から付加価値も考慮して売却先を決めるというのが妥当なところではないでしょうか。

このページの先頭へ