ディーラーは様々な車を下取りすることを想定している

新しい車の購入を検討している場合、その車が中古車の場合は中古車販売店から購入する場合がほとんどだと思います。

この中古車販売店で車を買い、その同じ中古車販売店に乗っている車を下取りとして出す場合は、新車の下取りと同様手間を省くことが出来てスムーズに手続きなどを進めることができます。

また、新車ディーラーと違って中古車の専門店ですからバックオーダーなどの情報も多く、新車ディーラより有利な査定額を期待することが出来ます。

しかし、新しい車の購入を検討している場合にその車が中古車ではなく新車になってくると少し事情が違ってきます。

新車で購入するということはメーカー系列の販売店で購入するということになります。

そして下取りとして出す車がそのメーカーとは違うメーカーの車になる可能性も十分に考えられます。

これから購入をする車のメーカーと違う車を下取りに出すと、メーカー側に対して失礼な気もしなくはないですが、新車を販売しているディーラーは外車も含めて様々な車を下取りとして買取ることを想定していますので心配する必要はありません。

もちろんその車が自社とは違うメーカーの車であることも想定しているため、購入する車のメーカーと下取りで出す車のメーカーが異なっていても気にする必要はありません。

新車を販売しているメーカーは下取りとして買取した車を自社メーカーであれ、他社メーカーであれ、最近ではオークション市場に流すのが一般的だと言われています。

あまり査定額に差が出ることはありませんが、自社メーカーの車で売れ筋などの場合はオークションに流さないで系列の中古車販売業者に転売されて店頭販売されることもあり、このような場合になると他社のメーカーを下取り車は相対的に価格が不利になることもあるかもしれません。

このページの先頭へ