社外品は装着したままにしておくと損をしてう場合がある

中古車買取専門業者に車を査定してもらう場合に、一括査定によって査定してもらう場合は、それぞれの中古車買取専門業者によって査定額に大きな差が出ることも珍しくありません

これはそれぞれの中古車買取専門業者によって査定で見るポイントが違っているためです。

しかし、車の下取りをする場合は販売店によらず査定額に大きな差が出ない場合が多くなっています。

仮に販売店、つまり新車ディーラーの一括下取り査定というのが出来多とすれば、その結果は中古車買取専門業者の一括査定を依頼した場合の結果よりもかなり査定額は均一になってくると思います。

中古車買取専門業者に査定を依頼する場合に、売ろうとしている車に装備品やオプション品が装着されている場合は、これらの装着品やオプション品などの適正な価値を査定して、本来の査定額に上乗せしてくれるところがほとんどです。

しかし、下取り査定になると装備品やオプション品、中でも社外品は査定対象になっていないことが多いので、装着したままにしておくと損をしてう場合があります。

そのため、できるなら下取りとして車を出す前には装着されている社外品の装備品やオプション品などは取り外して、新しい車に装着するか、インターネットのオークションサイトなどで販売することをおすすめします。

ただし、自分で装備品やオプション品を取り外せる場合は問題無いのですが、業者に依頼しないと取り外せない場合は工賃が別途必要になるため、場合によっては損をしてしまう可能性があります。

このページの先頭へ