下取査定では相対的な価値によって査定額が決まる

一括査定サイトを利用するとそれぞれの中古車買取専門業者が査定額の競争が強いられるので、一括査定サイトを利用することで車が高く売れるようになるということは感覚的に分かります。

実際ネットなどで確認すると、一カ所で査定した場合も下取りで査定する場合に比べて査定額が高く提示されるケースが多くなっています。

これは下取りによる査定と中古車買取専門業者による査定内容が大きく異なっているためです。

中古車買取専門業者による車査定は年式や走行距離はもちろんのこと、外装や内装、そして装備品なども査定額に影響してくることになり、それぞれを細かくチェックして査定額を算出するというのが一般的で、その車の価値に応じた査定額になります。

一方で、下取りとして車を出す場合は、よっぽど新しい車を購入する販売店が中古車の買取に力を入れてない場合は、下取りで引き取った車をそのままオークションに流すことになるので、下取り査定というのは年式や走行距離、車種など簡単な項目だけで査定が行なわれることになります。

そのため、下取りとして車を出す場合はその時の需要や供給などが考慮されず、オプションや装備品の有無についても査定にカウントしないことがほとんどです。

つまり下取査定では、その車の価値で査定が行なわれるのではなく、相対的な価値によって査定額が決まることになるので、中古車買取専門業者に買取をしてもらう場合と違って本来の車の価値に見合った査定額にならない場合があります。

このページの先頭へ