車を高く売りたい場合は中古車買取専門業者の査定がおすすめ

新しい車を購入する場合は乗っていた車を手放すという人が多いと思いますが、新しい車を購入するということは金銭的な負担がかなりかかっていると思うので、できればこれまで乗ってきた車を少しでも高く売って、そこで得たお金を新しい車の購入費用の一部に充てたいところだと思います。

下取りで車を出すという方法は新しい車を購入するところと下取りとして車を引き取ってもらう場所が同じなので、手間や手続きという面から考えるとメリットは高くなっています。

しかし下取りとして出す場合、新車ディーラーは中古車専門の業者ではないことから車が売れる場所が比較的限定されることになり、また、相手方が1社だけになるので相見積もりによる業者間の競争を活用できないというデメリットがあります。

少しでも車を高く売りたい場合は複数の中古車買取専門業者から査定を受けることがおすすめだと言われていますが、これによって複数の中古車買取専門業者に買取価格を競争させることが可能になるためです。

中古車買取専門業者側としてはできるだけ低価格で買取したいと考えているわけですが、こうした業者は競争の環境を作られることによって査定額を上げる必要が出てくるというものです。

下取りとして車を出す場合にこうした査定などの手間をかけたくないというのであれば、下取りの査定額が低くても手間がかからないというメリットがありますが、新しい車の購入資金に充てたいと考えている場合は下取りで車を出すという選択肢にこだわらず、視野を広げて他の方法で車を売ることを検討してみましょう。

このページの先頭へ