廃車の前に車買取業者に査定してもらおう

新しい車の購入が決まった場合に、車を購入する理由の中には乗っている車が寿命を迎えたという理由で車を購入することもあると思います。

車は日本人にとって大事な足なので、快適に車生活を送るためにも古くなった車を潔く買い換えることも大事なことです。

新しい車を購入すると、自然に乗っていた車は不要になってきますが、下取りとして車を出そうとしても価値が付かないと言われてしまうと廃車にするしかないのではと考えてしまいます。

廃車にする場合は、廃車料金を支払って車の廃車をすることになりますので、できるものなら廃車料金を支払わない方法で車が売りたいものです。

下取りの場合は新車を購入するということで、大体の場合は価値が付かなくても引き取りしてもらえるものですが、車を購入する販売店が外部とのネットワークがあまり無い場合は廃車という形になる場合があります。

この場合は廃車にする前に中古車買取業者に依頼して査定してもらうことをおすすめしますが、下取りで査定額が出なかった場合でも、中古車買取業者なら査定額が提示されることもあります。

これは中古車買取業者が車としての価値があるかどうかというのではなく、部品取りや海外輸出向けとして査定している場合があるからで、廃車を決めていた車がお金に変わることも珍しくありません。

せっかくこれまで大事に乗ってきた車を手放すわけなので、廃車にして捨ててしまうのではなく、乗っていた車を分解してでも良いので誰かの車の役に立ってもらいたいものです。

このページの先頭へ