買取専門店でなく中古車販売店に車を売るという方法もある

新しい車を購入する場合の車の売り方として、昔は下取りとして出すというのが一般的な方法でした

下取りで車を出す場合は、高値で買取してくれる販売店ならメリットも高いのですが、高値で買取してくれない販売店なら下取りとして車を売るのではなく、他の方法で車を売るということも考えると良いでしょう。

中古車を売る方法の中に中古車販売店に車を売ると言う方法があります。

中古車販売店に車を売るメリットとしては、中古車販売店は買取した車をそのまま自分のところで売ることができるということになります。

中間に業者オークションが入る一般的な買取に比べると手数料などの中間経費が不要になるので、高値で売れることもあります。

ですが、中古車販売店の場合は自社でそのまま販売することになるので、手放そうと考えている中古車の価値が低い場合、つまり売りにくい車である場合は、買取り価格が下がることになります。

その場合はわざわざ中古車販売店に車を売るよりも下取りとして出す方が高く車が売れることがありますし、手続き等も簡単になります。

反対に、全く市場価値の無いような車であっても、その中古車販売店がピンポイントに乗っている車が欲しいというのであれば、市場価格よりもかなり高値で売れることもあるので、この場合は下取りよりも高く車が売れることになります。

中古車販売店で車を売る場合は自分が購入を考えている車の購入時期と上手く合わせながら購入を進めて行くことが大事ですが、手間などを考えると下取りで出す方法がベストな場合があるので、総合的に考えましょう。

■人気車種だったら中古車販売店に当たってみる価値はある

中古車販売店の方が高く売れるというのは、やはりバックオーダーがちょうどある場合でしょう。

顧客から「コレコレの車が欲しい」といわれている場合、それにピッタリの車が持ち込まれれば、すぐに売れることが分かっていますから高値で買取しても充分利益を出すことが出来るからです。

また例えば、春先の新入社、新入学などに備えて軽自動車やコンパクトカーの在庫を取り揃えようとしている時にそのような車を持ち込むと、中古車販売店としては多少無理をしてでも高額買取を行うかもしれません。

これも在庫にならずすぐ売れるだろうという見込みが立つからです。

このように中古車販売店には、その店によって、また時期によって様々な「欲しい車」の需要があるわけですから、一度は地元の中古車販売店に足を運んで見るのは決して無駄なことではないと思います。

一括査定でも大手全国チェーン店に地元の業者が競り勝ったりする時がありますが、その背景にはきっとこのようなバックオーダーなどの具体的な事情があるはずです。

こと車の買取の場合、小さい業者だからと言って常に全国チェーン店などの大手企業に負けるわけではないということですね。

このページの先頭へ