ディーラーとの長い付き合いを重視するなら下取りがいい

乗っている車を何らかの理由で売ることになった場合に、車を売る方法としては中古車を買取ってくれる会社に頼んで車を買取ってもらうか、インターネットオークションなどを利用して自力で乗っている車を売るという方法などがあります。

新しい車の購入が決まっていて、乗り換えると言う目的で乗っている車を手放す場合は車を下取りに出すという方法があります。

この車下取りという方法は、かつては車を手放す方法で最もポピュラーな方法でした。

これは車を手放す理由で多いのが新しい車を購入することが決まったという理由の場合が多いためで、車を下取りで出す場合は車を下取りで出すところと新しく車を購入するところが同じなので、手続きが面倒ではないというメリットがあるからです。

ただし、最近は中古車買取業者なども買取スピードをどんどん上げており、新しい車を購入するところと車を下取りに出すところが違っていても、即日で車を売って買うことができるようになっています。

車下取りは下取り査定と呼ばれる査定を通して金額が提示されるのが一般的ですが、下取りによる金額の提示は中古車買取査定額などから比べると概して低い場合が多いと一般に言われています。

少しでも車そのものを高く売りたい場合はあまりメリットがあるとは言えませんが、新しい車を購入する場合はそこに何かしらのオプションを付けてくれる場合もあります。

また、車を購入するということはしばらくそこの車屋でお世話になると思うので、下取りで出しておくことで、車の販売店もメリットがあるため、そういった視点からも下取りとして車を売るという選択肢は有効な方法と言えるでしょう。

いずれにしても車は元が高額なため、それが中古であっても市場価値が高い場合が多くなっていますが、下取りで出す場合は平均的な市場価値によって下取り査定額が提示される場合が多いため、少しでも高く乗っている車を売りたいというのであれば、下取りに限らず、他の方法で売るという選択肢も視野に入れると良いでしょう。

■中古車の方が人気の高い車種は下取りに出さない方がいい?

車を少しでも高く売りたいのであれば、下取りよりも買い取り専門の車買取店に売るのがいいのですが、中でも中古車になっても人気が高い車種の場合など、下取りは絶対に避けた方が良いと言う場合もあります。

例えば代表的なものは「軽自動車」です。

軽自動車は経済性を求めて購入する傾向が強く、維持費だけでなく車両価格も安いものを選びたいという人が多いのです。

このように軽自動車は中古になっても購入したい人が多いため、中古軽自動車の値段は普通乗用車では考えられないようなレベルになっています。

つまり軽自動車は中古になっても値落ちが小さい車種だと言うことです。

ですから中古軽自動車を一般的な値段しか付かないであろう下取りに出すのはとてももったいないことだといえます。

中でも軽トラックは特にそうでしょう。

軽トラックは地域によってはタマ不足になるくらい中古の需要が多く、もしそれを下取りに出したら大きく損をしてしまうことになってしまうでしょう。

例えばJAで購入したからJAに下取りに出すなどといったケースは最悪だと思います。

どんなに古くても中古の軽トラックはいい値段で売れるのですから、必ず車買取専門店や軽トラック専門店などに査定してもらい、正当な値段で売却できるようにしたいものですね。

このページの先頭へ